里親さん募集中【保護猫日記】

kounosuke.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カブちゃん/また・・・

先週、血尿が出たので病院で検査してもらったところまた膀胱炎(><)
環境が変わったせいかなぁ
膀胱炎と止血剤で現在は調子よさそうだけど、保護当時7.5kgだった体重が5.7kgになって
ました(T_T)

こっちに来てからは「お外出して~」と鳴くことはなくなったけど、かわりに益々甘ったれに
なって「撫ぜて~!」とくっついて歩きます。

b0024945_1319154.jpg

お腹を撫ぜられるのが大好き♪

b0024945_13192553.jpg

グーパーグーパーも健在です(*^^*)


カブちゃんの膀胱内にあったのは「尿酸アンモニウム尿石」というもので、猫では珍しい。
通常猫で一番多いのはストルバイト結石、次いでシュウ酸カルシウム結石。

ストラバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)結晶
   尿のpHが中性からアルカリ性に傾くと出やすくなる結晶
シュウ酸カルシウム結晶
   尿のpHが中性から酸性に傾くと出やすくなる結晶
尿酸アンモニウム尿石
   尿のpHがアルカリ性に傾くと出やすくなる結晶
尿酸結晶
   尿のpHが酸性に傾くと出やすくなる結晶

※「尿酸アンモニウム尿石」は犬にみられる結石らしく、特にダルメシアンに多いらしい・・・

以下、ヒルズの尿石分析結果に関するアドバイスから転記
猫において尿酸アンモニウムのような代謝性尿石が検出されることは稀です。
このタイプの尿石が検出されることは、一般的に門脈シャントなどの肝疾患に起因する代謝異常
が基礎疾患として存在することを示唆します。したがって、まずは尿酸アンモニウムの管理が
優先されます。尿酸アンモニウム尿石は酸性尿内で形成されますので、尿pHを通常よりも
アルカリ城で維持し、食事管理については過剰な蛋白質を含まない猫用(k/d)の使用をお勧め
いたします。ウエット製品の使用はさらに尿の希釈に役立ちます。また、肝疾患が疑われる場合
は猫用(l/d)をご利用いただくことも可能です。尚、肥満は尿石症のリスクカファクターの一つ
です。適正体重を維持できるように給与量を適時調整してください。


もしくは、IAMSの尿アシスト中pHを勧められた。
プッチ君と茶比は下部尿路疾患とphコントロールのためにc/dなのだが、カブちゃんには
あげない方がよいとのことで、ややこしい・・・(--;

b0024945_10561157.jpg

これは初めて見かけた頃のカブちゃん 2008.3


あれから2年。
b0024945_22343585.jpg

だいぶ痩せちゃっいました(;_:)
まだ標準体重よりは若干多いけど、短期間で痩せるのは心配。。。
最近は食欲もあるんだけどなぁ

何故か陽ちゃんはカブが大好き♪
b0024945_2230829.jpg

陽ちゃん&カブちゃん

他の子の側だと落ち着かないけど、カブちゃんには寄り添ってる。
カブちゃん、穏やかだし手も出さないからかな。

b0024945_22305871.jpg

なんだかほのぼの(*^^*)

by lachesis_m | 2010-04-21 21:57 | 【里親さん募集】
line

「僕、kou之介!お外で保護した猫さん達の里親さんを募集しています。皆の写真を載せてあるので覗いていってください♪よろしくお願いします!」


by kou
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30