里親さん募集中【保護猫日記】

kounosuke.exblog.jp ブログトップ | ログイン

瑠夏<腎不全>記録

b0024945_11401328.jpg

昨年の暮れに貧血がすすんで(17)造血剤を打っていたが、年明けの検査で貧血は治まった
もののクレアチニンの数値が上がってしまった・・・

1/31、皮下補液を1日200mlから250mlに増やす(朝150・夜100)
2/9、腎臓以外の血液検査もしてもらったところ、肝臓の数値も上がってきている・・・

                1/19   1/31   2/9
BUN(16~36) ・・・    70.1    72.9    60.8    △腎疾患、尿道結石、うっ血性心不全
CRE(0.8~2.4)・・・     4.2     4.4    3.7     △腎疾患、尿路閉塞
Ht:貧血(25~45)・・・     30     31    27.5    ▼失血、溶血、赤血球再生不良
TP:蛋白(6~7)・・・       9.2    10.0   9.4    △脱水、感染、ショック、腫瘍
CPK:筋肉(87~309)    243     339    594   △心筋、骨格筋の壊死
GPT(22~84)・・・        ―      ―    117    △肝疾患、中毒
GOT(18~51)・・・        ―     ―    71     △心筋、骨格筋の壊死、肝疾患
PLT:血小板(30~80万)    ―     ―    21.4万  ▼膵臓機能亢進、骨髄抑制

※1/19・1/31は皮下補液前、2/9は皮下補液後の血液検査結果
体重はなんとか3.1~3.2kgをキープ

雫を診てくださっていたエコー専門の先生にも診ていただきました。
以下、診断結果の要点のみ
(ブログへの掲載の許可をいただいています)

・重度の器質的腎障害
・腎実質構造はほぼ消失
・びまん性肝障害の疑い、同時に胆嚢に異常があることから、胆管肝炎等の慢性炎症性疾患が
示唆される
・無症候性のIBD(炎症性腸疾患)や膵炎が存在する事も考慮する必要あり
・機能性消化管障害
・腸間膜リンパ節の軽度腫大(腹腔内における炎症等に対する反応性過形成を示唆している)
・リンパ腫も完全には否定できない


腎臓はかろうじてそら豆型の形は保っているものの、内部の三層構造は崩れているそうです。
(ほぼ腎臓としての機能を果たしていない)
腸管に炎症があり、いますぐ何か治療をしなければいけない状態ではないが、いずれリンパ腫にならない
とも限らないとのこと。

確実に腎不全が悪化している、いずれ尿毒症の症状が出てくるかもしれない・・・
でも今はまだ注射も投薬も嫌がりながらも、ジッとがんばってしてくれている。

この時間がゆっくりと、少しでも長く続きますよう
b0024945_1142217.jpg



b0024945_225175.gif

b0024945_15421115.gif
nekonoko


b0024945_2253861.gif

ブログランキングに参加しています、1日1ポチお願いします(*^^*)

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

by lachesis_m | 2011-02-15 20:56 | 【家の子】
line

「僕、kou之介!お外で保護した猫さん達の里親さんを募集しています。皆の写真を載せてあるので覗いていってください♪よろしくお願いします!」


by kou
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30